柏、小岩などでライブ活動中の、新参一派(友美♀ & トモ♂)のブログ!
HP TOPは http://www.shinzan-ippa.com/
 
<< 【夜の蜘蛛】 | main | 私の好きなアーチスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.10.01 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
【幸せ太り】
【幸せ太り】

  あたい泣けば済むとでも 善し悪し決めるはあたいでは
  苦し恥じらい消えずとも それで此処まで居るのでは

  「全てがあなたではないのですよ、
   解っている筈あなたなら」

   そんなに何を歎いているのか それ以上何が欲しいんだ
   云って欲しいだけなのではないですか
   そうならいくらでも云わせて

  あたい笑えば済むとでも 誰にも見えていないのでは
  少なからず今よりは ずっと近くに来たのでは

  「こうした気持ちは何処へやら
   ずっと持っていられたらいいのに」

   甘えたことが口を吐いて出る 切り返しも出来ないほど
   如何してすぐふりだしに戻るんですか
   何度でも付き合うよ さぁ

  想うことも口に出すことも ただそれだけなら簡単で
  お好きにするのはいちばん難しく 故に何方かが必要でしょう

  もしもし聞いてもいいでしょうか
  再び聞いてもいいでしょうか
  すぐに解るはずもないですが 話のつづきを
【2007.11.05 Monday 01:17】 author : トモ♂
| 歌詞☆ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.10.01 Monday 01:17】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
かわいらしいタイトルとは裏腹に、痛いところをついてくる内容になっているかと思われるこの詩!

要は、まわりにこんなに恵まれて、こんなに幸せなのに、そんなんでいいのか?!甘えてんじゃねーぞこら、という気持ちを綴ってございます。

泣いても笑っても済まされません。
もう大人なのですから。
| 友美 | 2007/11/07 1:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shinzan-i.jugem.jp/trackback/18
トラックバック